Healing Salon 『a.s.』  

親子のスキンシップ絆づくり!ママの心と体の健康、美容!☆楽しいイベントもいっぱいです。一緒にsmile育児しましょう!@兵庫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

大切な家族。いろいろありました~。 

ゴールデンウィークも後半になりましたね。
この2週間ほど、なかなか激動な日々を送っていたんです。

ハムちゃんが天国へ行ってしまった日からスタートしました。

夜にいつも通り仕事から帰宅した夫。
「パパとハムちゃんのことを話したい・・」
と夜更かしして待っていた長女とひと時お話をし、長女が就寝した後

夫「体がおかしい。尋常じゃないのどの痛みがある。風邪じゃないと思う。」
と言いだし・・・

私「インフルエンザが流行っているみたいだよ。病院行く?救急探そうか。明日の朝にする?」夜中0時前

夫「ちょっと待って。」

と書斎にこもってしまって10分ほど・・・

夫「耳鼻咽喉科で診てもらえる救急探してほしい。」
かなりしんどそうな様子・・

私「耳鼻咽喉?内科でなく?」

夫「○○~~という病気だと思う。自分の今の症状が似ている。」

と自らで診断。。。。

探してみると、市外にしかなく・・・・

夫「診療してもらって、帰ってこれるかわからない。すぐに入院とかになる可能性がある。
明日の朝、生きていられるかわからない。」

私「・・・・・」

もう胸が張り裂けそうな思い・・・・・

夫婦で話し合い、夜中であるものの、夫の実家にも電話し相談して、
すぐにタクシーで夫は一人で救急診療所へ行ってしまいました。

涙涙

生きた心地がしなくて。。。

救急車呼べばよかった。
娘たち起こして、皆で車で行けばよかったかも。。

色々な事を考えてしまい・・・

1時間以上たって帰宅し、
薬をもらい、飲み、すぐに寝てしまった夫。

朝まで私は生きた心地がしなかったんです・・・涙

朝いちばんに子供たちを学校、幼稚園へ見送ると同時に、
夫婦で町の耳鼻咽喉科に再度受診

即大きな病院へ紹介され、変えることなく直行。
そのまま入院となりました。

「急性喉頭蓋炎」
という病気で、
私も初めて知ったのですが、
喉の声帯部分の上のところにあるヘラのような蓋が
何らかの細菌(何の菌かは人によってさまざま)により炎症
はれ上がり、呼吸する隙間がなくなっていく。→窒息する。
という病気でした。

炎症自体は抗生物質で元に戻すことができるらしいのですが、
人によって気道の太さも違いますし、腫れ方も違い、

夫はほんの少しだけの隙間で息をして生きている状況だったのです。


あのまま、風邪かな。。。と内科を診察していたら、風邪薬もらって、蓋炎は治らないまま、
気道をふさいでいたかもしれなかった。。。と思うだけでぞっとしました。。。

数日間抗生剤を点滴で投与し続けましたが、状況は同じで、

「今後悪化する可能性が大きかったのだと思います。それを、今の状況を保つで抑えています」
と言われ、回復の兆しがみられるまでの数日間、もう、私がどうにかなりそうなぐらい心配しましたよ。。。。


「病院に入っているから、もうきっと大丈夫。いざとなれば、手術もできるし、なんとかなるよ。」
と励まして周りの人が励ましてくださるものの、

理解はしているのですが、安心できず・・・

こんな時に身に染みて感じたこと。

言葉


看護士さんのひとこと一言。

いざ、万が一。という状況になった時の家族が入院している身になった時に、
本当に人質を預けているような感覚になるのです。

しっかり的確に今の状況を話してくださり、必要以上に大丈夫よ。と慰めるような言葉なく、
ちゃんと診てくれる。頼りになる。この人だったら、夜私が帰っても、ちゃんと診てくれそうだ。
等、本当にいろいろ考えてしまうんですよね。。。


数日後、炎症が治まり始めてからの回復力は、びっくりするほどで、予定よりも早くに退院でき、
家族でほっと一安心=どかーーーんと疲れが出て、私は、しばらく布団から起き上がれませんでした。笑



毎日、当たり前のように
家族のために仕事に出かけ、夜遅くまで働いてくれている夫のことを、
とっても存在感があり、大事にしないといけないことだと、実感しましたよ。

他人事のように、まさか自分の家族にそんなこと・・・
という意識でいましたものですから、もう、びっくりするというか、どうしてよいかわからず・・・

長女と毎日、パパ~・・・と涙涙。
次女は、そんな私たちの様子を見て、きっと普通じゃないことが起こってる。って分かりながらも、
自分のできること、笑顔笑顔で私たちを笑わせようとしてくれたり・・・
そんな娘たちが愛しくて・・・(*^_^*)




病院の先生には、
早期発見、早期治療ができたことが良かった。
と言ってもらえました。

熱もあり、喉の痛みもあった中、ハムちゃんの死で悲しむ長女の話を聞き、抱きしめてあげて、
長女が就寝した後に、自分の今の状況を自ら調べ、予想し、救急診療所へ出かけた夫くん。

尊敬します。自分が同じ状況だったら、そんなことで来てなかったと思います。。。。

そして、色々な病気があるんだな~。とお勉強にもなりました。

夫の退院と入れ替わりに長女がインフルエンザになり、家族で自粛生活。
できるだけ じみ~にGWを過ごしておりましたが、
明日はようやく皆でお出かけもできそうです。(*^_^*)

※今、B型インフルエンザが流行っているそうです。
微熱から始まり、一時お熱は上がるものの、また下がったり・・・
風邪の症状と似ており、そのまま見過ごしてしまう人も少なくないということです。
しかし、本人はやっぱりとてもしんどいみたいですよ~。
ちょっとおかしいな。と思ったら病院へ行くこと、お子様の場合は早期発見してあげることで、
病院にも行き、早くに元気になれますね。(*^_^*)





今元気に生きていることに心から感謝ですね。(*^_^*)

★余談★
 すずらん

昨日の夕方、母がひょっこり来てくれました。
5分ほどで帰ってしまったのですが、子供の日にとちまきや、娘たちにお菓子やケーキなど・・・(*^_^*)
実家の庭で育ったすずらんの花を摘んできてくれました。
すずらんの花は、毒も持っているのですが、
花言葉は「幸福が帰る」「幸福の再来」
お母さん・・・ありがとう~・・・涙涙





★お電話、ファックス、メールからのご予約もお受けしております。
tel&fax受付時間AM9時~PM6時まで
0798-20-7658
mail受付時間24時間
salonas@live.jp
salonasas@yahoo.co.jp

★お手数おかけいたします。
3日以上こちらからのメール返信がありません場合、
再度ご連絡いただきますようお願いいたします。
お電話頂き、不在の場合、留守電にお名前、お電話番号をお伝えください。
後程こちらからご連絡いたします。

★親子で癒しのサロン
BabyKidsHealingSalon「a.s.」

★ベビー、キッズクラスの詳細はこちらより

★ココレッチセラピスト養成講座の詳細はこちらより★  


★マナーレッスンの詳細はこちらより・・・ 

★ビューティアズ ボディジュエリーアートの事はこちらより・・・

★ビューティアズ 耳つぼジュエリーの事はこちらより・・・

★ライフ☆コーディネート講座はこちらより

兵庫県立共同参画センター=イーブンはこちらより">
Salonアズが共催会場として、様々な講師をお招きいたします。
私自身がセミナー講師としての出張もしております。

テーマ: 親子で習い事 イベント 子連れで資格取得 子連れでお仕事 - ジャンル: 育児

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://as629.blog41.fc2.com/tb.php/1822-cecbed4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

Azusa Kuwabara FB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。